人気ブログランキング |
ブログトップ

TEAM BAKU - 建築ブログ -

teambaku.exblog.jp

チーム・バク一級建築士事務所の設計した建築のうち、公開可能な建築現場監理の内容を主に記載しています。住み良く、使い易く、環境に配慮した建築を提案します。

設計図作成の思い出

手書き図面とCAD図面

 このところ増築・改修設計の仕事が続き、前回のN病院老人保健施設は30年前、今回の施設は33年前に開設ということで、改修にあたっては現地調査はもちろんですが、当時の設計図を何度も確認しつつ改修設計を進めています。

 当時の図面はというと当然のごとく手書きの図面で、ドラフターという製図機器を用い、A1版やB2版の製図用和紙に硬度の違う鉛筆を使い分けながら細い線太い線を書き分け、修正・変更があれば消しゴムで消し、書き直しつつ図面を仕上げていったものでした
 そのうち持ち手の小指側面は鉛筆の粉で黒ずんだり、夏には手汗で用紙が引っ付いたり。
そういった具合ですから図面には色々な痕跡が残り、線や文字には当時のスタッフ個々の特徴が現れ、図面を見れば誰が書いたのか、今でも分かります。

 そしてパソコンの専用CADソフトによる設計図作成に移行して25年余り。
当初、文字の下手な私は導入歓迎派で、図面の作成・修正作業もディスプレイ上で簡単にでき、便利に感じていましたが、画一的な図面になりプリントアウトした図面は綺麗なのですが、個性がなくなった感があります。

 また手書きでは自然に身につき養われていた図面上でのスケール感覚が、CADの画面上では拡大縮小が自在なので、かなり難しいのではないかと思います。
 ただ、関連業者との図面受け渡しや、後々までデータとして残せるという点を考えると、やはりCAD図面なんですね。


設計図作成の思い出_c0376508_09184266.jpg
【今回改修施設の34年前の設計図の青焼き】
  書入れ文字で私の書いた図面だと気づく。



設計図作成の思い出_c0376508_09161695.jpg
【現在の専用CADによる設計図作成画面】
 文字は画一化され、線色により印刷した際の線の太さを指定します。




by team_baku | 2018-11-22 19:00 | Comments(0)