人気ブログランキング |
ブログトップ

TEAM BAKU - 建築ブログ -

teambaku.exblog.jp

チーム・バク一級建築士事務所の設計した建築のうち、公開可能な建築現場監理の内容を主に記載しています。住み良く、使い易く、環境に配慮した建築を提案します。

静岡理工科大 理工学部建築学科 公開シンポジウム

静岡建築未来学

 昨日は静岡理工科大で開催されました建築学科棟の見学会及び 、「静岡建築未来学2019」 と銘打った昨年から続く、第3回目のシンポジウムに参加してきました。

 見学会では、集合場所を勘違いしてしまい戸惑っていましたが、建築学科棟の様子を見に来られた、担当の同大准教授の石川春乃先生にお世話になり、その後、見学グループと合流し見学会に参加する事が出来ました。
 案内していただいた先生は建築環境を専門にされているらしく、建築学科棟内の気流の調査や、季節に合わせ開放する実験的開口部、及び自然採光など主に環境面からの説明をしていただきました。一昨年4月にも見学させていただいているのですが、別の視点からで観ることができました。

 その後のシンポジウムですが、内藤廣氏がゲストで講演をされるということで参加を決めたこともあって、興味深く拝聴させていただきました。
 街づくりがメインテーマでしたが、2011年3月11日の災害からの教訓、街づくりと防災のバランスの大切さ、建築家は人の暮らしの近くにいる訳だから、もっと都市工学や土木工学を学び、街づくりの提案をしなくてはならない等の内容でした。そして陸前高田市の「高田松原津波復興祈念追悼伝承館」の設計に当たっては、建築家として贖罪の気持ちを持って取り組んだとの言葉が印象的でした。
 
 また、パネリストの同大准教授の崔琥先生と、地元建築家の辻琢磨氏からも意義深い講演を拝聴することが出来、その後の座談会や質疑応答など有意義な時間を過ごすことができました。
 そして、理工科大の市民講座や講演会には、よく参加させていただいているのですが、普段は年配の方が大半の会場が、今回は会場内100名くらいの中、8~9割は学生と思われる参加者で、久しぶりに学生の頃を思い出しつつ楽しませていただいたように思います。


静岡理工科大 理工学部建築学科 公開シンポジウム_c0376508_15172716.jpg
【建築学科棟 えんつりー】
 同棟右奥で再来年開設される土木工学科新棟のボーリング調査と思われる櫓が立っていました。


静岡理工科大 理工学部建築学科 公開シンポジウム_c0376508_15172453.jpg
【階段室】
 棟内中央部にある階段室の大型トップライトからの採光。
 吹抜のガラス手摺には気流測定器が取り付けられています。



静岡理工科大 理工学部建築学科 公開シンポジウム_c0376508_15172976.jpg
【新学生ホール】
 シンポジウム会場。改修により天井が撤去され、林立する柱状の照明器具に替えられたようです。


by team_baku | 2020-01-12 15:34 | 建築見学 | Comments(0)