桶ヶ谷沼と菜の花畑

 この時期、国道1号の磐田ー袋井間を車などで通る方は、三ヶ野IC付近の北側で桶ヶ谷沼に隣接する畑一面が、菜の花で黄色く染まる光景を目にすることがあるかと思います。私はめったに通らないので開花状況をネットで調べてみますと、種蒔きが例年より1ヶ月遅い昨年12月上旬だったため、今年の開花は若干遅れているものの3月末から徐々に咲き始め、満開に近づいているとのことで、さっそく訪れてみました。


 現地に着いてみますと多くの方が見え、菜の花畑をバックに写真を撮られたりしていました。私も菜の花畑の撮影を始めましたが、徐々に近づくと独特なにおいが漂ってきて、かつて自宅の周りには畑があり、肥料のための菜の花が毎年咲き同じにおいを放っていたこと、初夏から秋にかけ色々なトンボが舞っていたことなどを思い出しました。


 桶ヶ谷沼は磐田市の東部、太田川の西側、鶴ヶ池の南側に位置しています。そして沼やその周辺一帯は静岡県自然環境保全地域に指定されています。平地性淡水池沼で面積は7.43ha、平均水深が約60cmのこの沼には流入河川がひとつもなく、丘陵の斜面から伝って流れてくる雨水や、地下水によって水が枯れることがないという特徴があります。その恩恵で多くの動植物の生息に適しており、ベッコウトンボをはじめとするトンボは71種類、県内のトンボの2/3、国内の1/3の種類が確認されているということです。 




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_04425075.jpg
【菜の花畑.1】

南側から菜の花畑を望む。奥は磐田原台地です。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19065450.jpg
【菜の花畑.2】

奥の桜の木の後ろが食堂・とんぼ茶屋、右側が桶ヶ谷沼ビジターセンターです。

この菜の花畑はとんぼ茶屋を経営されている方の私有地で、菜の花の結実した菜種を搾油し、菜種油に精製したり、古い菜種油から精製した燃料でトラクターを稼働させ翌年のための菜の花畑を耕したり、地域循環が図られているとのことです。





桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_04190083.jpg
【菜の花畑.3】

南東側から菜の花畑を望む。奥が桶ヶ谷沼、さらに奥が磐田原台地です。





桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19090644.jpg
【菜の花畑.4】

北西側から菜の花畑を望む。奥が桶ヶ谷沼ビジターセンター、さらにその奥が国道1号です。





桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19064100.jpg
【周辺地図.1】

磐田市の東部、東名高速と国道1号に挟まれた低地に桶ヶ谷沼や鶴ヶ池があります。





桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19070246.jpg
【桶ヶ谷沼ビジターセンター.1】
外観、南東面。2004年に開館し、桶ヶ谷沼の自然環境を保全すると共に、自然環境や自然を利用した体験学習活動の拠点となるよう設置されました。





桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19070765.jpg
【桶ヶ谷沼ビジターセンター.2】
内部展示室。桶ヶ谷沼のに生息する生物などが展示されています。





桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19071248.jpg
【桶ヶ谷沼ビジターセンター.3】
内部展示室。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19064644.jpg
【桶ヶ谷沼.1】
 南側入り口にある看板。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19071647.jpg
【桶ヶ谷沼.2】

東側入口から観察道に入りました。





桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19072410.jpg
【桶ヶ谷沼.3】

東側観察道から沼を望む。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19073368.jpg
【桶ヶ谷沼.4】
東側観察道。この辺りは山裾の縁に造られた観察道で、湿地帯に挟まれ狭くなっています。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19073030.jpg
【桶ヶ谷沼.5】
東側観察道。樹木が倒れ込んでいるのでくぐって進みます。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19073950.jpg
【桶ヶ谷沼.6】
東側観察道から北に向かう階段。ここからは登りになります。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19073624.jpg
【桶ヶ谷沼.7】
まだまだ階段が続きます。スマホの標高アプリを確認したら20mほど登ったようでした。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_08284279.jpg
【桶ヶ谷沼.8】

階段を登りきったら東側に神社がチラッと見え、行ってみたら鹿島神社。桶ヶ谷沼の北東、磐田原台地の中腹(標高27.7m)に立地しています。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19074384.jpg
【桶ヶ谷沼.9】
先ほど登ってきた階段。


桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19074674.jpg
【桶ヶ谷沼.10】
北側観察道。樹間から南方向に磐田グランドホテルが見えます。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19074987.jpg
【桶ヶ谷沼.11】
北側観察道から沼を望む。対岸に観察小屋Cが見えます。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19075611.jpg
【桶ヶ谷沼.12】
北側観察道。観察小屋A。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19075292.jpg
【桶ヶ谷沼.13】
トンボ以外にも鳥類ではアオサギ、トモエガモコハクチョウ、カワセミなどが飛来し、植物ではイワタカンアオイ、哺乳類ではニホンカモシカ、魚類ではカワバタモロコなど、希少な動植物が独自の生態系を築いています。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19080069.jpg
【桶ヶ谷沼.14】
北側観察道。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19080784.jpg
【桶ヶ谷沼.15】
北側観察道。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19080379.jpg
【桶ヶ谷沼.16】
北側観察道。沼北復元池、ベッコウトンボの保護・増殖を試みている生簀群です。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19081480.jpg
【桶ヶ谷沼.17】
西側観察道。対岸の先には高圧送電塔と国道1号が見えます。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19081736.jpg
【桶ヶ谷沼.18】
西側観察道。ここから20mほど登ります。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19082058.jpg
【桶ヶ谷沼.19】
西側観察道。まだまだ登ります。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19082365.jpg
【桶ヶ谷沼.20】
西側観察道。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19083187.jpg
【桶ヶ谷沼.21】
西側観察道。観察小屋B。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19083369.jpg
【桶ヶ谷沼.22】
西側観察道。ここから下ります。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19083547.jpg
【桶ヶ谷沼.23】
西側観察道。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19083781.jpg
【桶ヶ谷沼.24】
南側観察道。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19084935.jpg
【桶ヶ谷沼.25】
南側観察道。観察小屋C。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19085319.jpg
【桶ヶ谷沼.26】
南側観察道。観察小屋Cの観察窓から沼を望む。




桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19085694.jpg
【桶ヶ谷沼.27】
南側観察道。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19085949.jpg
【桶ヶ谷沼.28】
南側観察道。
鶴ヶ池の観察道同様、桟橋が見えてくると周回も終わるのかとほっとしました。鶴ヶ池の周回より少し長い程度かなと予想し歩き始めた観察道でしたが、予想以上に登り下りがあり変化に富むコースでした。



桶ヶ谷沼と菜の花畑_c0376508_19090258.jpg
【桶ヶ谷沼.29】
南側観察道。

かつて桶ヶ谷沼の周辺には湿地帯が広がっていましたが、主に江戸時代に干拓され水田となり、沼自体が灌漑用の水源としても利用されていました。長きにわたり農地として使用されてきましたが、1950年代辺りから行政の工場誘致活動によって沼周辺の開発計画が持ち上がり、沼そのものの埋め立て計画もありましたが、長年の地域住民や自然保護団体等の努力により、1991年に静岡県自然環境保全地域に指定され、現在に至っているということです。





トラックバックURL : https://teambaku.exblog.jp/tb/32550277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by team_baku | 2022-04-10 08:35 | 所感・雑感 | Trackback

チーム・バク一級建築士事務所の設計した建築のうち、公開可能な建築現場監理の内容や、建築見学の感想、日々の思いなどを綴らせていただいています。


by TEAM BAKU-T.K.
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31