株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6

 今日は弊社代表と弊社サブメンバーであり測量士の友人K君の3人で、現在設計中のI邸の敷地レベル測量を行いました。場所は浜松市東区の天竜川に近い旧東海道沿いの敷地で、西側には一級河川・安間川が流れ、近くには金原明善記念館があり、歴史を感じさせる街に位置しています。工事が始まりましたら、その様子を紹介させていただきたいと思います。

 その後、磐田市東原のGTCARプロデュース 新社屋 新築工事 の現場へ向かい、進捗状況の様子と使用建材の確認を行いました。3月末が工期の現場ですが、進捗は早く内装工事に移っています。



株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14494980.jpg
【外部東面】
外壁は防水石膏ボード12.5㎜の上に透湿性防水シートまでの施工が進んでいます。



株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14493411.jpg
【外部庇パラペット】
下端水切り、透湿性防水シートの上下方向重ね寸法(破線位置)、横方向重ね部のプレート押え、パラペット天端までの巻き込みの確認。



株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14493834.jpg
【本体屋根】
本体屋根材のカラーガルバリウム鋼板折版の確認。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14494351.jpg
【庇屋根.1】
庇屋根材のカラーガルバリウム鋼板折版の確認。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14494653.jpg
【庇屋根.2】
谷樋(耐酸アクリル被覆鋼板)の納まりの確認。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14501111.jpg
【庇屋根.3】
水上2重面戸(エプロン面戸・水上面戸)の取付の確認。



株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14490700.jpg
【庇屋根.4】
庇の軒天ケイ酸カルシウム板6㎜の確認。



株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14485482.jpg
【内部.1】
修理工場西面。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14485732.jpg
【内部.2】
修理工場東面。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14490080.jpg
【内部.3】
事務所北面。

株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14491055.jpg
【内部.4】
部品庫入り口の吹抜。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14491570.jpg
【内部.5】
設備配管、外壁面のグラスウール断熱材の確認。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14491817.jpg
【内部.6】
1階部品庫南面。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14492152.jpg
【内部.7】
2階食堂・休憩室の天井裏グラスウール断熱材100㎜の確認。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14493066.jpg
【内部.8】
部品庫吹抜。


株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14492439.jpg
【内部.9】
天井裏グラスウール断熱材の厚さ確認。



株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_16142200.jpg
【内部.10】
壁下地材の不燃石膏ボード12.5㎜の確認。



株式会社 GT CAR プロデュース 新社屋 新築工事.6_c0376508_14492744.jpg
【内部.11】
天井仕上げ材の不燃化粧石膏ボード9.5㎜の確認。




by team_baku | 2023-02-04 16:53 | 自動車修理施設 | Trackback

建築現場監理の内容や、建築見学の感想、日々の思いなどを綴らせていただいています。


by TEAM BAKU-tk
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30