人気ブログランキング |
ブログトップ

TEAM BAKU - 建築ブログ -

teambaku.exblog.jp

チーム・バク一級建築士事務所の設計した建築のうち、公開可能な建築現場監理の内容を主に記載しています。住み良く、使い易く、環境に配慮した建築を提案します。

2018年 10月 29日 ( 1 )

月見の里学遊館

 今回、久野城址保存会40周年記念講演があり、久しぶりに訪れた袋井市の月見の里学遊館。
この「月見の里」の命名の由来は、この地区が古くは「月見里」と呼ばれていたからとのこと。ただ当時の読みはと言えば「やまなし」だったそうで、たしかにこの学遊館周辺は田園が広がり平坦な土地、山がないから月見には最高な場所であったろうと思われます。
 ちなみに現在では「山梨」と表記されています。

 そしてこの施設の設計者は長谷川逸子氏。
2001年に開館し17年経過、設計にあたって地元市民と何度もワークショップを開き、市民主体の文化施設を強く意識したことが生かされ、この日も幼児教室から児童のもの造り教室、市民サロンや図書室には中高生・成人がは集い、今回の久野城址記念講演のあったうさぎホール(348人収容)は中高齢者で賑わっており、公共施設は使われてこそ生きるという証のような建築物でした。


月見の里学遊館_c0376508_03082853.jpg
【館内案内板】


月見の里学遊館_c0376508_03084139.jpg
【南棟 フィットネスルーム 水玉プール 前面は広大な芝生広場】


月見の里学遊館_c0376508_03083823.jpg
【中央棟 市民サロン 北棟 うさぎホール】


月見の里学遊館_c0376508_03083264.jpg
【西側 集会室 ワークショップ】


月見の里学遊館_c0376508_03083590.jpg
【こじんまりとしたアプローチ 正面入り口】


月見の里学遊館_c0376508_03101861.jpg
【中庭 楕円形ベンチ 各棟側面は縦スリットを意識した開口部】



月見の里学遊館_c0376508_03084684.jpg
【内部階段 パンチングメタル手摺】



by team_baku | 2018-10-29 04:10 | 建築見学 | Comments(0)