人気ブログランキング |
ブログトップ

TEAM BAKU - 建築ブログ -

teambaku.exblog.jp

チーム・バク一級建築士事務所の設計した建築のうち、公開可能な建築現場監理の内容を主に記載しています。住み良く、使い易く、環境に配慮した建築を提案します。

全改修工事 完了

 工期終盤に入り、新型コロナウイルス禍の中、工事関係者の方々には現場入りの際、健康状態チェックシートの記入・確認、アルコール消毒の徹底、供用部分と区切った仮設壁内の狭い空間での工事等、困難な施工環境の中、無事、工期内に改修工事は完了しました。また、併行して行われていた介護医療院への転換工事も完了しました。

2階、3階の各ナースステーション改修にあたっては、仮設のナースステーションを各階に設けてから改修工事が行われ、オープンカウンターの開放的な受付になりました。また内部詳細は公開できませんが、看護師さんの選ばれた可愛い柄の壁クロスが貼られ、柔らかい雰囲気のナースステーションとなりました。

今回、築25年のN病院東館の改修工事は昨年10月に着工し、各階の病室2室ごとの工事から始まり、4床室・23室、1床室・7室を改修。引き続き、食堂・パントリー、浴室、理髪室、多目的トイレ、看護師関連諸室、介護士関連諸室、洗濯室、最後に多目的ルーム・廊下の工事が行われました。

 施設を使用しながらの建物内部の改修工事ということで、入院されている方々や看護師・介護士・職員の方々にはご不便な中、部屋の移動等のご協力をいただきました。重ねてお礼申し上げます。



N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_10424229.jpg
【廊下・ナースステーション1】
廊下の床材・壁材・手摺は全て一新され、ナースステーションの既存カウンターは全て撤去し新たに造られました。
カウンターのフォールディングサッシ開放時。


N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_10425272.jpg
【廊下・ナースステーション2】 
カウンターのフォールディングサッシ閉鎖時。



N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_10424450.jpg
【読書コーナー・ホール】
 マガジンラックと書棚が設置されました。



N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_10424630.jpg
【多目的ルーム1】
 スライドドア開放時。


N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_17571967.jpg
【多目的ルーム2】
 新たに取付られたスライドドア閉鎖時。


N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_10424980.jpg
【多目的ルーム3】
 新たに書棚が設けられました。


N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_10425412.jpg
【機能訓練コーナー・廊下】


N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_10425760.jpg
【廊下1】
 内装を一新すると共に、絵画を飾るニッチが設けられました。


N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_17435429.jpg
【廊下2】
 新たに設けられたニッチと絵画。



N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_14152647.jpg
【洗濯室】
 大型乾燥機導入に伴い既存開口部を詰め、排気ダクト用排気口と吸気口が取付けられました。



N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_12014583.jpg
【談話コーナー1】


N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 4_c0376508_12014106.jpg
【談話コーナー2】


# by team_baku | 2020-03-28 17:50 | 介護医療院 | Comments(0)
ねむの木学園の建築群

 各種報道でご存じの方も多いかと思いますが、3月21日、ねむの木学園の創設者であり、園長である宮城まり子さんがご逝去されました。心よりご冥福をお祈りいたします。
 ご生前には弊社代表と共に、こども美術館を見学した際にお目にかかり、気さくにお話させていただいたことが思い浮かびます。

 掛川市の市街地を北に向かい、カラフルな陶器質タイルがモザイク状に張られた擁壁のある交差点を、山中に向かう方向に入り、しばらく進むと山里に佇むように、オレンジ色のスパニッシュ瓦屋根と白壁の、ねむの木学園の園舎群が樹林越しに見えてきます。その園舎群を右手に見ながら500mほど進むと、吉行淳之介文学館が、さらに山中のうねった細道を1㎞ほど進むと、子ども美術館(どんぐり)が、さらに1㎞ほど山中に入ると、樹林に囲まれた子ども美術館(緑の中)が現れます。

 宮城まり子さんは建築にもポリシーを持たれており、設計・施工の際にはいろいろ要望を出されたそうです。この美術館や文学館は著名建築家の方々の設計により特徴ある外観や内部空間を持つ建築が完成し、内部の展示物は学園の子たちの描かれた絵画等の、心が洗われる作品ばかりです。森林浴も兼ね訪れるのもいいかもしれません。


ねむの木学園に思う_c0376508_10412769.jpg
【子ども美術館(どんぐり)1】
藤森輝信氏 設計 2007年竣工 
アプローチから入り、受付を済ませて、そのまま外部に通り抜け、スロープを登り2階の展示室から入場する設計。また受付横のエレベーターから2階展示室に向かうルートもあります。



ねむの木学園に思う_c0376508_10412481.jpg
【子ども美術館(どんぐり)2】
宮城さんの「自然に溶け込んだ美術館を」との要望で設計されたこの美術館のどんぐり型の屋根材は、学園の子どもたちによる手もみの銅板葺き。外壁は土入り漆喰塗、棟は芝草植え、内壁は漆喰塗、自然素材で構成されています。腰下の草花の絵は学園の子どもたちにより描かれました。



ねむの木学園に思う_c0376508_10420253.jpg
【子ども美術館(緑の中)1】
坂茂氏 設計 1999年竣工
宮城さんの「絵画を自然の光で見られる美術館を」との要望で設計された全面ガラス張りの美術館。
この美術館はねむの木の里の一番奥にあるのですが、宮城さんのお話によると、設計者の坂茂さんがこの場所を決められたそうです。山中のうねった細道を辿り、緑に囲まれつつ平地のあるこの地に、子どもたちの聖地を求めたのかもしれません。
  

ねむの木学園に思う_c0376508_11103705.jpg
【子ども美術館(緑の中)2】
三角形平面の三面の壁はすべてガラス張り、屋根には透光性膜材が張られ、内部は自然光だけで展示物を鑑賞できます。小屋組みは紙のハニカム材を三角形ユニットとした格子構造となっています。


ねむの木学園に思う_c0376508_10413102.jpg
【吉行淳之介文学館1】
中村昌生氏 設計 1999年竣工
数寄屋建築の名手、中村氏により和風の佇まいを持ち周囲に溶け込むような設計。


ねむの木学園に思う_c0376508_10500671.jpg
【吉行淳之介文学館2】
展示室の平面型と天井照明ボックス、展示ケースの関係が秀逸です。
内部の展示方式は、宮城さんの要望により細かく決められていったそうです。



ねむの木学園に思う_c0376508_10412035.jpg
学園の子たちが描いた絵画の絵葉書。ショップではその他書籍や工芸品などが販売されています。



ねむの木学園に思う_c0376508_08530175.jpg
 2014年12月24日に撮影させていただきました。


# by team_baku | 2020-03-28 16:00 | 建築見学 | Comments(0)
1階静養室・廊下等完成

Nナーシング南館の1階静養室・廊下等の改修工事が完成しました。

1階廊下の改修工事において、1階には医務室・薬局・レントゲン室・職員食堂等があり頻繁な通行がありますので、区画を分けて工事を進めました。
 そのため床材は45㎝角のビニールタイル材としブロックごとに施工できるようにし、また壁仕上げは塗装仕上げであったため、恒久的にクロス貼付が効く石膏ボードを重ね張りし、その上にクロス貼とし、腰部分は高耐久性クロスを使用しました。


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 6_c0376508_17104704.jpg
【廊下1】


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 6_c0376508_17104427.jpg
【廊下2】
 防火区画の常時開放式煙感連動閉鎖スチールドア改修は施工中に臭いの出る塗装仕上げでなく、ダイノックシート貼で対応。


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 6_c0376508_17105595.jpg
【廊下3】
 右側の両開きドアは老朽化していた腰下のみダイノックシート貼でカバー。

N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 6_c0376508_17105158.jpg
【廊下4】
 新設された物入れ下の開口は車椅子収納スペース。 


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 6_c0376508_17105719.jpg
【廊下5】


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 6_c0376508_17110065.jpg
【静養室】



N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 6_c0376508_17110518.jpg
【通所リハビリテーション】
廊下との間の壁が撤去され開放的になりました。

# by team_baku | 2020-02-20 04:50 | 介護医療院 | Comments(0)
食堂・パントリー完成
 N病院東館の2階及び3階の食堂・パントリーの改修工事が完成しました。

 この改修工事は水回りの配管移設や新設があるため、階下の1階事務室の天井裏及び2階食堂の天井裏の配管工事は並行して行われました。合わせて天井カセット空調機や電気配線等も工事範囲を最小限にしての天井材張り替えで対応しました。
 建築工事中においては食堂は狭められて使用されていますので、最小限の区画の仮設壁の中で改修工事が進められました。

 そしてこの完成した食堂は早くも供用開始となりました。 今までなかったパントリーが加わり食堂としての機能が増したように思います。


N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 3_c0376508_17103055.jpg
【食堂.1】
 床材、壁材が張り替えられました。


N病院グループ N病院東館 介護医療院 転換改修工事 3_c0376508_17102625.jpg
【食堂・パントリー】
 奥が新設されたパントリーと5連手洗いカウンター。





# by team_baku | 2020-02-20 04:14 | 介護医療院 | Comments(0)
静岡建築未来学

 昨日は静岡理工科大で開催されました建築学科棟の見学会及び 、「静岡建築未来学2019」 と銘打った昨年から続く、第3回目のシンポジウムに参加してきました。

 見学会では、集合場所を勘違いしてしまい戸惑っていましたが、建築学科棟の様子を見に来られた、担当の同大准教授の石川春乃先生にお世話になり、その後、見学グループと合流し見学会に参加する事が出来ました。
 案内していただいた先生は建築環境を専門にされているらしく、建築学科棟内の気流の調査や、季節に合わせ開放する実験的開口部、及び自然採光など主に環境面からの説明をしていただきました。一昨年4月にも見学させていただいているのですが、別の視点からで観ることができました。

 その後のシンポジウムですが、内藤廣氏がゲストで講演をされるということで参加を決めたこともあって、興味深く拝聴させていただきました。
 街づくりがメインテーマでしたが、2011年3月11日の災害からの教訓、街づくりと防災のバランスの大切さ、建築家は人の暮らしの近くにいる訳だから、もっと都市工学や土木工学を学び、街づくりの提案をしなくてはならない等の内容でした。そして陸前高田市の「高田松原津波復興祈念追悼伝承館」の設計に当たっては、建築家として贖罪の気持ちを持って取り組んだとの言葉が印象的でした。
 
 また、パネリストの同大准教授の崔琥先生と、地元建築家の辻琢磨氏からも意義深い講演を拝聴することが出来、その後の座談会や質疑応答など有意義な時間を過ごすことができました。
 そして、理工科大の市民講座や講演会には、よく参加させていただいているのですが、普段は年配の方が大半の会場が、今回は会場内100名くらいの中、8~9割は学生と思われる参加者で、久しぶりに学生の頃を思い出しつつ楽しませていただいたように思います。


静岡理工科大 理工学部建築学科 公開シンポジウム_c0376508_15172716.jpg
【建築学科棟 えんつりー】
 同棟右奥で再来年開設される土木工学科新棟のボーリング調査と思われる櫓が立っていました。


静岡理工科大 理工学部建築学科 公開シンポジウム_c0376508_15172453.jpg
【階段室】
 棟内中央部にある階段室の大型トップライトからの採光。
 吹抜のガラス手摺には気流測定器が取り付けられています。



静岡理工科大 理工学部建築学科 公開シンポジウム_c0376508_15172976.jpg
【新学生ホール】
 シンポジウム会場。改修により天井が撤去され、林立する柱状の照明器具に替えられたようです。


# by team_baku | 2020-01-12 15:34 | 建築見学 | Comments(0)
佐藤産業株式会社 本社 研修フロアが完成

 昨年3月より改修設計に取り組んできました、佐藤産業株式会社 本社研修フロアが完成しましたので報告させていただきます。
 この本社研修フロアは、既存本社事務所に併設されていた倉庫の2階を改修して造られましたが、代表取締役社長 佐藤正基様が自ら陣頭指揮を執られ、完成の運びとなりました。
 
 既存の事務所・倉庫は築45年に近い建物ですが、弊所の代表及と私が、かつて所属していた設計事務所の設計で、ボールト屋根などは当時の先端を取り入れた建築だったのではないかと思います。
 今回の改修では、そのボールト屋根を活かして広い空間を確保し、他所では見られない研修フロアが実現したように思います。



佐藤産業株式会社 本社 研修フロア 改修工事_c0376508_12402329.jpg
【研修室.1】
 正面がプロジェクタースクリーン。左側奥がカフェコーナー、右側が打合せコーナー。
 家具レイアウト:株式会社オカムラ



佐藤産業株式会社 本社 研修フロア 改修工事_c0376508_12402045.jpg
【研修室.2】
 壁の黒色に合わせ通路のドアも黒色。


佐藤産業株式会社 本社 研修フロア 改修工事_c0376508_12401807.jpg
【研修室.3】



佐藤産業株式会社 本社 研修フロア 改修工事_c0376508_16544682.jpg
【研修室.4】
 奥はガラススクリーンで区画された会議室。


佐藤産業株式会社 本社 研修フロア 改修工事_c0376508_16545241.jpg
【会議室】


佐藤産業株式会社 本社 研修フロア 改修工事_c0376508_16550558.jpg
【トイレ.1】
 ハンドドライヤー組込手洗いカウンター。


佐藤産業株式会社 本社 研修フロア 改修工事_c0376508_17001652.jpg
【トイレ.2】
 省スペースに向いた回転ドア式トイレブース。



# by team_baku | 2020-01-08 18:45 | 事務所 | Comments(0)
仕事始め

 本日より仕事始めです。
今年も誠心誠意、 仕事に取り組みたいと思います。
よろしくお願いいたします。



仕事始め 2020年_c0376508_09051604.jpg
【磐田市福田漁港 高台公園より】
 今朝の時東の空と漁港です。日の出が撮れなく残念。
 
 

仕事始め 2020年_c0376508_09052148.jpg
【磐田市福田漁港 高台公園より】
今朝の南の空と海です。漁船が漁から帰港中のようです。
自宅から車で7分ほどの近さですが、58年前、旧港の護岸工事では私の父が現場責任者ということもあり、夜間や休日の排水ポンプ等の管理の為、母と幼い私も飯場に泊まり込み、1年近く過ごした場所でもあります。私には断片的な記憶しかないのですが、母から聞いたこの地での思い出話は、深く脳裏に刻み込まれています。



# by team_baku | 2020-01-06 09:39 | Comments(0)