人気ブログランキング |
ブログトップ

TEAM BAKU - 建築ブログ -

teambaku.exblog.jp

チーム・バク一級建築士事務所の設計した建築のうち、公開可能な建築現場監理の内容を主に記載しています。住み良く、使い易く、環境に配慮した建築を提案します。

<   2019年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年末年始休業のお知らせ

 今年も皆様方には大変お世話になりました。
また、本ブログをご覧くださった皆様、ありがとうございます。
 
 今年は大規模な改修や増築の仕事が多かった一年に感じます。それ以外では某ステーキチェーン店の店舗設計、初めての内容の仕事で印象に残っています。
 
 それから私的なことですが、年末も押し迫った26日に、事務所代表から「県警浜松中央署会計課から『浜松法務局からお宅の方の物と思われる落とし物で、名刺入れが届きましたが・・・』と電話が入ったけど・・・」との連絡が。そこで初めて自分が落したのだと気づき、翌27日に受け取りに行ってきました。拾い主で浜松法務局窓口に届けられた方、お名前は分からないということなので、伝わるかどうか分かりませんが、この場を借りてお礼申し上げます。

なお弊所は、本日28日(土)をもって仕事納めとし、2019年1月5日(日)まで年末年始の休業 とさせていただきます。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。




by team_baku | 2019-12-28 14:30 | Comments(0)
1階 通所リハビリテーション等 完成

 1階 通所リハビリテーション・浴室・脱衣室・休憩室等、完成が急がれていた各室の改修工事が完成しました。

 浴室・脱衣室は位置を変え、新たな場所に設けられた室なので、コンクリート床をはじめ、躯体を残し全て解体。騒音も最小限にと注意を払い、施工には新築以上の困難がありましたが、施工業者によく対応していただきました。

 そしてこの完成した各室は、早くも供用開始となりました。浴室は位置が施設北側から南側に変わり明るくなり、面積は1.5倍になりましたので、ゆったりと使用していただければと思います。



N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 5_c0376508_13042020.jpg
【通所リハビリテーション.1】


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 5_c0376508_13045496.jpg
【通所リハビリテーション.2】
 壁画は点描画で有名なジョルジュ・スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の写し。
 寄贈品で改修前の場所から位置を変え設置。前回設置時に、向かって右側1/4がカットされていたようです。



N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 5_c0376508_13043323.jpg
【浴室.1】
 場所を変え全て一新。床は抗菌磁器質タイル、排水溝蓋は抗菌樹脂グレーチング、壁は抗菌メラミン樹脂化粧珪酸カルシウム板、抗菌性の高い建材が使用されています。
 また、座ったまま入浴できる浴槽(アマノ・シャトル)も設置されました。

N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 5_c0376508_13043015.jpg
【浴室.2】
 天井には輻射式天井埋込型遠赤外線ヒーターが要所要所に設けられました。


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 5_c0376508_13044285.jpg
【脱衣室】



N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 5_c0376508_13043937.jpg
【脱衣室内トイレ】


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 5_c0376508_13044523.jpg
【休憩室】


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 5_c0376508_13045191.jpg
【休憩室パントリー】



by team_baku | 2019-12-26 18:20 | 介護医療院 | Comments(0)
 1939年10月18日、横浜港――。
 母の腕に抱かれた二歳の私は、突然激しい熱さを頬に感じ、大声で泣き叫んだ。


 「おやっ・・」と思ってしまうくだりから始まる、谷口吉生著『私の履歴書』
 この単行本、かつて私が所属していた設計事務所の先輩が、金沢の建築見学に行かれ、開館まもない谷口吉郎・吉生記念金沢建築館 見学時に購入されました。
 私が一昨日訪ねた折「面白かったよ。」と言われ、貸してくださいました。
 その時は正月休みに読ませていただこうと思っていましたが、当日晩、冒頭を読み出したら止まらなくなり、その日のうちに読み終えました。

 内容は谷口吉生氏ご自身の幼少期から始まり、父・吉郎氏のこと、学生時代を経て現在に至るまでのプライベートなこと、そして今まで設計してきた各建築の着想やエピソードまで興味深く書かれていました。

 これまで作品主義の谷口氏は、ご自身の建築について多くを語らなかったのですが、今回は金沢の実家の土地を市に寄贈し、建築文化拠点施設(後に、谷口吉郎・吉生記念金沢建築館 と命名される)がご自身の設計で建築されるのを機に、金沢市に感謝すると共に、開館に際し、父で建築家だった吉郎氏と共通するものを残そうと思い、日本経済新聞に連載された内容をまとめ、本書を上梓されたようです。

 谷口氏の仕事に向き合われる真摯な姿勢は、谷口建築ファンならずとも、お勧めしたい一冊だと思います。


谷口吉生『私の履歴書』を読んで_c0376508_09413265.jpg
【谷口吉生 私の履歴書】


谷口吉生『私の履歴書』を読んで_c0376508_09413605.jpg
本棚の中から、谷口吉生氏に関連する建築本を取り出してみました。
左は新建築1979年9月号、資生堂アートハウスの中庭見上げが表紙に。


谷口吉生『私の履歴書』を読んで_c0376508_06102372.jpg
【資生堂アートハウス】
 谷口氏の実質デビュー作。
就職して間もない頃に完成し見学に行く。周辺敷地も含めた幾何学的な造形美や、初めて観る銀色に輝くタイルの外壁に衝撃を覚える。のちに谷口氏が窯業会社に要望して生み出された銀色の磁器質施釉タイルで、ラスタータイルと言う名だと知る。



by team_baku | 2019-12-22 10:24 | Comments(0)
4階廊下改修完成

 Nナーシング南館4階廊下の改修工事が完成しました。
 廊下については4階建の4階から施工し、引き続き、下の階に順次移っていく工程になっています。

 廊下は改修工事中においても、御利用者の通行が求められますので、床の仕上げ材には新築時に一般的に用いられる長尺ビニール床材ではなく、いつでも通行に対応できるよう、45cm角のビニール床タイル材を採用しました。
 またこのビニール床タイルは、厚さが3mmあり、下地の不陸が目立ちにくく、表面には初期汚れ防止ワックスがコーティングされているため、施工後、短時間の養生で通行できる特徴があり、廊下等の改修には適した建材だと思います。

 壁仕上げについては、既存が塗装仕上げで直にクロスを貼れないため、石膏ボード下張りのうえクロス貼とし、特に腰壁には高耐久クロスを貼り、汚れやキズが付きにくい品質のクロスを用いています。


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 4_c0376508_18053460.jpg
【4階廊下.1】
 ビニール床タイルはポイントに各階のテーマカラーを入れています。


N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 4_c0376508_18053744.jpg
【4階廊下.2】



N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 4_c0376508_18054003.jpg
【4階通路】
 トイレ、サニタリールームへの通路



N病院グループ Nナーシング南館 改修・増築工事 4_c0376508_18053606.jpg
【消毒液ボックス】
 各病室入り口に埋め込み型の消毒液ボックスが設けられました。




by team_baku | 2019-12-06 18:05 | 介護医療院 | Comments(0)